EGPA診療Q&A

[参考情報]IVIG療法の心病変に対する影響

NHO相模原病院でIVIG療法を施行したEGPA症例のうち、心病変を有する症例は5症例でしたが、心病変を有する症例における心エコー、心筋MIBGシンチの結果は以下のとおりでした。

■試験概要(図B、図C)
【対象】:CS with/without CYC治療に抵抗性である末梢神経障害および心病変を合併するEGPA5症例
【投与方法】:CS with/without CYC併用下でIVIG400mg/kg/日×5日間施行
【評価項目】:心エコー法による心駆出率(EF)およびSPECT心筋シンチグラフィ(MIBG)によるH/Mratio (心縦隔比)、ウォッシュアウト率(WR)
【有害事象】:重篤な有害事象はなく、IVIG治療を5日間継続できた
※なお、安全性情報については添付文書をご参照ください。


page top