Ⅱ-3-1.IVIG療法の意義